Maarten de Koning

EVP

投資マネジメントとゲーム開発の経験を持つMaartenは、自身のエージェンシーを設立し、2013年にDDMと合併しました。Maartenがエージェンシーを設立した理由は、ビジネスデベロップメントや効率的なプロダクションマネジメント、コンサルティングサービスをデベロッパーに提供することでした。ゲームプロデューサーとしてゲーム業界でのキャリアをスタートさせたMaartenは、Scrum Product OwnerとScrum Masterの資格を持っています。

Maartenはパートナー兼EVPとしてヨーロッパとアジアを統括し、新規事業開発や、これら地域におけるクライアント拡大とサービス提供、クライアントとDDMの双方により大きなメリットを提供するための、ファイナンスサービスなどの新しいサービスの基盤づくりを担当しています。

LinkedIn