Maarten de Koning

EVP

13年以上の経験を持つMaarten de Koningは、ゲーム業界のエグゼクティブ、起業家、アドバイザーとして高い評価を得ています。2013年に自身のエージェンシーがDDMに統合して以来、パートナー兼エグゼクティブ バイス プレジデントとしてDDMに在籍中です。

彼はヨーロッパとアジアの市場を統括し、クライアントの拡大とサービスの提供、新規事業の開発、さらには、開発者と投資家の双方に対し株式投資やM&Aのサポートを行うDDMのファイナンスサービスなど、自社およびクライアントにより大きな利益をもたらすための、新サービスの基盤作りも担当しています。

投資マネジメントとゲーム開発の経験を持つMaartenは、後にDDMが買収することになる制作会社、「Green Hill」を共同設立しました。事業開発や効率的なプロダクションマネジメント、コンサルティングサービスをデベロッパーに提供することが、彼のエージェンシー設立時の理念でした。

Maartenはゲームプロデューサーとしてゲーム業界でのキャリアをスタートさせ、Scrum Product OwnerとScrum Masterの資格を持っています。また、複数のスタートアップ企業や業界ファンド、ゲーム業界カンファレンスなどにおいて、役員やアドバイザーとしても活躍しています。さらには、資産の投資や運用を世界規模で行う家族経営の投資会社「Mardelli」の株主として、現在も活動を続けています。

LinkedIn